長期優良住宅とは

長期優良住宅とは?(戸建て住宅の場合)

従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(=長期優良住宅)を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施行されました。
-上記国土交通省HP引用-
 
※長期優良住宅の認定を受けようとする方(建築主または分譲事業者)は、長期優良住宅の建築及び維持保全に関する計画を作成し、着工前に所管行政庁に申請する必要があります。
 

「長期優良住宅」に必要な条件

・耐震性
地震に強く、倒壊しにくい家であること
 
・耐久性能(劣化対策)
構造や骨組みのしっかりした長持ちする家であること
 
・維持管理・更新の容易性
メンテナンスのしやすい工夫が施された家であること
 
・住戸面積
必要な広さが確保された家であること
 
・省エネルギー性
地球にやさしく、環境に配慮した家であること
 
・居住環境
地域の景観に合わせた家であること
 
・維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家であること

一覧ページに戻る